本教育院は,学内共通教育組織(プラットフォーム)として,大学院修士課程・博士後期課程を一貫した教育体系のもとで専攻分野や国籍・文化的背景の異なる学生同士が切磋琢磨することで,学院・系・コース(他大学における研究科・専攻)における本学の強い分野の最先端教育に加えて,文理融合分野などの異分野の一体的教育を実現し,かつ国際社会を牽引できるリーダーシップ・人間力を涵養することを目的とします。

ToTALで育みたいリーダーシップのタネ

リーダーシップ教育院では、リーダーシップは「リーダー」という役割を担う人に限らず、社会のなかで主体的に生きていく全ての人に必要な資質だと考えています。一方、「リーダーシップ」のあり方は多様で、正解はありません。ToTALが目指すのは、学生一人一人が「リーダーシップのタネ」と呼ぶ素養を育むことです。そのタネは、各自が将来活躍する場に応じて成長し、適切なリーダーシップを発揮する核になると期待しています。

  1. 歴史や世界の中で自己を認識し、内発的動機を見つけることができる
  2. 自己と他者の違いを受け入れ、共に尊重し、よりよい社会のために協働できる
  3. 常に挑戦する心を持ち、思った通りにならなくても、創造的に楽しむことができる