学長挨拶

学長 益 一哉
Kazuya Masu 学長 益 一哉
Kazuya Masu

東京工業大学リーダーシップ教育院(ToTAL : Tokyo Tech Academy for Leadership)は,産学官にわたる社会の要請に応えながら,国際社会を牽引できる卓越した能力を養成する世界に誇れる大学院教育課程を実施する組織として,平成30年4月1日に設置されました。ここでは,本学が科学技術で新時代をリードする知の創出拠点として,あらゆるセクターを牽引する博士人材に求められるリーダーシップと人格を磨くための修士・博士後期課程を一貫した学位プログラムを実施します。
科学技術で新時代をリードする東京工業大学を象徴する教育課程として,今後のリーダーシップ教育院にどうぞご期待ください。

ToTALで育みたいリーダーシップのタネ

リーダーシップ教育院では、リーダーシップは「リーダー」という役割を担う人に限らず、社会のなかで主体的に生きていく全ての人に必要な資質だと考えています。一方、「リーダーシップ」のあり方は多様で、正解はありません。ToTALが目指すのは、学生一人一人が「リーダーシップのタネ」と呼ぶ素養を育むことです。そのタネは、各自が将来活躍する場に応じて成長し、適切なリーダーシップを発揮する核になると期待しています。

  1. 歴史や世界の中で自己を認識し、内発的動機を見つけることができる。
  2. 自己と他者の違いを受け入れ、共に尊重し、よりよい社会のために協働できる。
  3. 常に挑戦する心を持ち、思った通りにならなくても、創造的に楽しむことができる。